ヴィクトリアマイル2017

マイル女王決定戦G1ヴィクトリアマイルが14日に東京競馬場にて開催となります。

 

出走馬17頭を見ると昨年がG1馬7頭を含む、16頭が重賞勝ち馬だったことを考えれば少し物足りないメンバー構成と言えるかもしれませんが、G1馬3頭(ミッキークイーン、レッツゴードンキ、クイーンズリング)を含むまずまずの好メンバーが揃ったレースと言えるでしょう。

 

では人気どころの馬をご紹介していきます。

 

まずは、1番人気が予想されるミッキークイーンです。

 

オークス、秋華賞を制した2冠馬で、昨年のヴィクトリアマイル2着馬です。

 

前走の阪神牝馬ステークスが昨年の有馬記念以来久々のレースとなりましたが、重馬場を諸ともせず豪快な差し切り勝ちで格の違いを見せつけました。

 

レース当日は馬場が悪くなる予報もあり、晴雨兼用の脚が使えて実績、実力を考えてもミッキークイーンが連を外すとは考えにくいところです。

 

2番人気以下は混戦となるでしょうが、復調傾向のレッツゴードンキを挙げます。

 

桜花賞を制したG1馬ですが、その後は長く低迷していましたが昨年末辺りから徐々に調子を上げ、G3京都牝馬ステークスを制覇、スプリントG1高松宮記念を2着するなど直近の4レースを1勝2着3回と復調してきています。

 

ただ復調前とはいえ昨年のヴィクトリアマイルが10着と大敗しているのが気がかりなところです。

 

今年の出走メンバーは昨年と比べると力量的に落ちるので、調子の良さでどこまで躍進できるのか注目が集まります。

 

3頭目にはスマートレイアーを挙げます。

 

重賞3勝を誇る名牝で、いつG1を勝ってもおかしくない存在でしたが、勝てないままとうとう7歳となってしまいました。

 

恐らく最後のヴィクトリアマイル出走なので有終の美を飾れるように期待しましょう。

 

ではブックメーカーにてヴィクトリアマイルのオッズを確認していきます。

 

ブックメーカーBET365

ミッキークイーン 2.20倍、レッツゴードンキ 7.50倍、スマートレイアー 8倍、ルージュバック 8倍、クイーンズリング 10倍

 

両ブックメーカーで若干の人気順の違いはありますがほぼ一緒の見解を示しています。

 

オッズから見るとミッキークイーンのヒモ探しのレースと言えるでしょう。

 

あとはレース当日の馬場状態で2番人気以下のオッズがガラッと変わるかもしれません。

 

前日の雨と当日の天気、馬場の乾き具合にも注目ですね。

 

注目のG1レースヴィクトリアマイルは15:40発走となります。

 

参考 ブックメーカーウィリアムヒル

ミッキークイーン 2倍、レッツゴードンキ 7倍、ルージュバック 7.5倍、クイーンズリング 9倍、スマートレイアー 9倍

免責事項