ジュライカップ2017

イギリスのスプリントG1ジュライカップが7月15日にニューマーケット競馬場にて開催となります。

 

ジュライカップはヨーロッパで行われるスプリントG1の中でも最も権威の高いスプリントG1として知られており、オーストラリア、イギリス、日本、香港、アラブ首長国連邦の5か国のスプリントG1を対象とした国際シリーズレースのグローバル・スプリント・チャレンジに組み込まれているレースでもあります。

 

グローバル・スプリント・チャレンジには日本の高松宮記念がシリーズ第3戦目のレースとして組み込まれています。

 

ヨーロッパ随一のスプリントG1だけありジュライカップの過去の勝ち馬には歴史的名馬が並びます。

 

そんな中に日本馬の名前が刻まれていることは競馬ファンにとって言うまでもありません。

 

2000年に行われたジュライカップの勝ち馬はアグネスワールドと言う日本馬で騎手は武豊ジョッキーでした。

 

アグネスワールドは他にもフランスのスプリントG1アベイ・ド・ロンシャン賞も制覇しましたが、奇しくも日本のG1は一度も勝てませんでした。

 

惜しくも日本のG1は勝てませんでしたが、海外のスプリントG1を2勝したことで歴代最強スプリンターに挙げられるほどの歴史的名馬に数えられる馬です。

 

今回のジュライカップには日本馬の参戦はありませんが、アグネスワールドが制したG1と言うことで日本でも注目が集まるレースとなっています。

 

では、ジュライカップのオッズをブックメーカーにて見ていきましょう。

 

ブックメーカーbet365

カラヴァッジョ 2.10倍、リマト 6.00倍、ザティンマン 6.50倍、ハリーエンジェル 7.00倍、タスリート 9.00倍、

 

注目は一番人気のカラヴァッジョです。

 

予想では1倍台のオッズだろうと思っていたので意外でしたが、カラヴァッジョはG1を2勝しており、しかも6戦6勝の無敗馬です。

 

歴史的名馬となる可能性が高い馬なので、その走りに注目ですが今までよりも関係が一層厳しくなります。

 

昨年のジュライカップの勝ち馬であるリマト、アリントンミリオン、ブリーダーズカップマイルの勝ち馬ザティンマンが出走してくるので

 

強い馬たちの中でも勝ち切れるのか楽しみでもあります。