英2000ギニー2017

5月6日にイギリスのニューマーケット競馬場にて英2000ギニーが開催となります。

 

英2000ギニーは本場イギリス競馬の牡馬クラシックレース第1冠目となるレースです。

 

日本で言うところの皐月賞になりますが、そもそも皐月賞のモデルとなったレースが英2000ギニーとなります。

 

同じ芝のレースですが、皐月賞は距離2000m、英2000ギニーは1600mになります。

 

競馬発祥の地イギリスで行われるクラシックレースの1冠目なので、欧州の中でも特に注目の高いクラシックレースとして世界が注目しています。。

 

歴代の勝ち馬にはニジンスキーをはじめ、ダンシングブレーヴ、ロドリゴデトリアーノ、キングズベスト、シーザスターズ、フランケルなど日本競馬とも関わりの深い種牡馬となった名馬がずらり並びます。

 

果たして今年の勝ち馬はどの馬となるのでしょうか?

 

英ダービー、セントレジャーステークスへと続く英3冠レース、その先には日本馬の悲願である凱旋門賞へも続いていきます。

 

今回の英2000ギニー勝ち馬が、キタサンブラック、サトノダイヤモンドのライバルとなる可能性も大いにあり得るので要チャェクです。

 

では、英2000ギニーのオッズをブックメーカーにて確認していきましょう。

 

ブックメーカーbet365

チャーチル 2.37倍、バーニーロイ 4.50倍、 アルワクラ 5.50倍、エミネント 6倍、ドリームキャッスル 15倍

 

頭抜けて人気なのが、チャーチルです。

 

チャーチルは既にG1を2勝し重賞4勝を含む5連勝中の馬です。

 

実績からすれば優勝して当然の馬と言えるでしょう。

 

しかし、チャーチルに不安材料が無いわけでもありません。

 

それは距離経験が1400m以下である事、昨年の10月からレースに出ていないのでレース勘の問題があります。

 

あっさり勝つ可能性は大いにあるでしょうが、惨敗する可能性も秘めている馬です。

 

そしてチャーチルに立ちはだかるのが、バーニーロイ、アルワクラ、エミネントの無敗馬3頭です。

 

いずれの馬も3戦未満とレース経験こそ浅いですが、重賞勝ち馬でチャーチルとは異なり1600m戦を経験済みなのが強みです。

 

なので、3頭とも勝っても不思議のない逸材と言えるでしょう。

 

果たしてチャーチルがG12勝馬の格の違いを見せつけるのか?

 

または伏兵馬の台頭があるのか?

 

注目の英2000ギニーは日本時間の23時15分発走です。