J1昇格プレーオフ決勝

J1昇格プレーオフの決勝「名古屋グランパスvsアビスパ福岡」の一戦が、12月3日に豊田スタジアムにて開催となります。

 

シーズン3位の名古屋グランパスと4位のアビスパ福岡、共にJ1自動昇格をあと一歩のところで逃した両チームですが、順当にプレーオフ準決勝を勝ち抜いてきました。

 

攻撃的なサッカースタイルを持つ名古屋グランパスと守備的なサッカースタイルを持つアビスパ福岡、対照的な両チームの対戦とあって白熱したいい試合が観れること間違いないでしょう。

 

では両チームのご紹介の前に、まずはブックメーカーにてオッズを見ていきましょう。

 

ブックメーカーbet365

名古屋グランパス勝利 2.37倍、引き分け 3.10倍、アビスパ福岡勝利 3.10倍、

 

現在のオッズでは名古屋ブランパスが有利となっています。

 

今シーズンの両チームの対戦成績は2試合行われ1勝1敗の五分です。

 

6月17日に名古屋グランパスのホーム開催となったリーグ戦第19節の試合では名古屋グランパスが3−1と勝利し、8月20日にアビスパ福岡のホーム試合となったリーグ戦第29節の試合ではアビスパ福岡が3−1で勝利しています。

 

2試合ともホーム開催チームが勝ち、スコアまで一緒と言うことで両チームの実力差はないに等しいと感じます。

 

それに加え両チームの対照的なサッカースタイルが予想を更に困難にしています。

 

名古屋グランパスはポゼッションサッカーを展開して中央突破を得意とする攻撃サッカーをスタイルとするチームです。

 

現に今シーズンのJ2リーグでは最多得点85点を叩き出していることが証明しています。

 

その反面、カウンター攻撃に脆いという弱点を抱えていますが、それを凌駕する攻撃力が魅力のチームです。

 

対する守りのチームであるアビスパ福岡は、守りを固めカウンター攻撃とセットプレーで得点を挙げているチームです。

 

今シーズンのJ2リーグでは首位の湘南ベルマーレと同じくリーグ最少失点36点に抑えていることからも守備には絶対の自信があると言っていいでしょう。

 

ただ、堅い守りが持ち味のチームですが、ポゼッションサッカーとは相性が悪く、中央突破されると失点に繋がるケースが目立ち始めます。

 

両チームのサッカースタイルの強味、弱みを比較しても五分五分と言わざる得ませんが、今回の試合は名古屋グランパスのホーム豊田スタジアムで開催となるので、少しだけ名古屋グランパスが有利と言えるでしょう。

 

しかし、一発勝負となる試合なので、何が起きるか分かりません。

 

J1昇格が掛かった試合なので、両チームエキサイトすることは間違いないですし、カードが乱発し荒れる試合展開にならないとは言い切れません。

 

途中退場者が出たり、キープレイヤーが負傷退場するようなことになればどっちに勝負運が傾くかは神のみぞ知ると言ったところです。

 

ちなみの今回の試合では延長、PK戦はありません。

 

90分戦い勝敗が決まらなければリーグ戦の上位チームが勝利となります。

 

このルールを含めて今回は名古屋グランパスが有利であることは揺るぎありませんね。