AFCアジアチャンピオンズリーグ2017グループステージ第6節

AFCアジアチャンピオンズリーグのグループステージ第6節の試合が9日と10日にかけて開催となります。

 

第6節がグループステージの最終戦となりますが、既にグループステージ突破の2チームが決まっているグループもあれば最終戦の結果次第では最下位のチームが1位に躍り出る混戦模様のグループもあります。

 

そんな中で日本のクラブチームの現状をお伝えしますと、まずグループEの鹿島アントラーズは勝ち点9でグループ2位、3位蔚山現代との勝ち点差が5もあるので最終戦を待たずにグループステージ突破が決まっています。

 

次はグループFの浦和レッズです。

 

浦和レッズは勝ち点12でグループ1位、2位の上海上港も同じ勝ち点12ですが得失点差で首位を守っています。

 

3位FCソウルが勝ち点3で上位2チームとは勝ち点差9もあり最終戦を待たずして浦和レッズ、上海上港のグループステージ突破が決定です。

 

続いてグループGの川崎フロンターレは、勝ち点7で3位となっています。

 

ただ2位の水原三星ブルーウィングスの勝ち点が8なので最終戦で川崎フロンターレが勝利し、水原三星ブルーウィングスが引き分け、敗戦で川崎フロンターレのグループステージ突破が決まります。

 

川崎フロンターレの最終戦の相手がグループ最下位のイースタンSCで、水原三星ブルーウィングスの相手がグループ首位の広州恒大であることを考慮すれば川崎フロンターレのグループステージ突破の可能性は非常に高いでしょう。

 

最後にグループHのガンバ大阪の現状は勝ち点4のグループ最下位となっておりグループステージ突破は困難な状況と言えるでしょう。

 

グループステージ突破ラインである2位の済州ユナイテッドの勝ち点が7。

 

仮にガンバ大阪が最終戦で勝利し、済州ユナイテッドが敗戦となれば勝ち点で並びますが、得失点差がガンバ大阪が−4、済州ユナイテッドが+1なので、ガンバ大阪は無失点のうえ大量得点で勝利しなければなりません。

 

それに勝ち点5の3位アデレード・ユナイテッドの最終戦の結果が引き分け、敗戦した場合のみガンバ大阪のグループステージ突破の光が見えてくるので、ガンバ大阪がグループステージ突破するにはかなり厳しい状況と言わざる得ません。

 

なので現実的にグループステージ突破の可能性が残されている川崎フロンターレの試合に注目していきたいと思います。

 

では、まずはブックメーカーにて川崎フロンターレVSイースタンSCのオッズを確認していきましょう。

 

ブックメーカーbet365

 

川崎フロンターレ勝利 1.030倍、引き分け 16倍、イースタンSC勝利 31倍

 

川崎フロンターレが勝利する方に1.030倍とかなり高い支持が集まっています。

 

対戦相手のイースタンSCは未だ勝ち点1しか取れていない最下位のチームですし、川崎フロンターレのホームゲームとなるので妥当な評価だと思います。

 

なので川崎フロンターレが勝利濃厚と言えるでしょう。

 

ただ、イースタンSCが唯一挙げた勝ち点の対戦相手が川崎フロンターレだった事を忘れてはなりません。

 

川崎フロンターレイレブンには慢心せずに兜の尾を絞めて戦ってもらいたいと思います。